バーコードの基礎知識

バーコードの印刷について

バーコードの印字方式

バーコードを印字又は印刷するプリンタの方式は、大きく分けて“インパクト式プリンタ”と“ノンインパクト式プリンタ”とに分けることができます。ダイレクトパーツマーキング(DPM)でバーコードを表示する方式には、多くの方式がありますが、まだ、技術的に確立しているわけではありません。

各印字方法の利点・問題点

インパクト式プリンタ

ドットピーン、布インクリボン、感圧紙、カーボン紙などを用いる方式であり、“複写ができる”メリットがあるが、“印字音が大きい”、“高印字品質のバーコードを印字できない”などの問題点もあります。

感熱式プリンタ

感熱紙(熱を加えると発色する紙)とサーマルプリントヘッドとを用いる方式であり、プリンタの機構が比較的簡素なことから、電池駆動をする携帯用プリンタ、レシートプリンタなどに多用されていますが、感熱紙の特性(退色、変色などの耐用性)によって、印字後の紙を長期保存する用途には向きません。

熱転写式プリンタ

フィルムインクリボン、サーマルプリントヘッド、受容紙(ラベル)などを用いる方式であり、プリンタの機構が複雑であるが、高印字品質のバーコードが印字できるメリットがあります。デメリットは、フィルムインクリボン、専用の受容紙などの消耗品が必要となり、その分、運用コストが高くなります。

インクジェット式プリンタ

一般事務用及び工業用のプリンタがあります。両方式ともインクの微粒子を極小なノズルから噴射して印字する方式であり、単一ノズル式(バーコード印字には向きません。)とマルチノズル式とに分けられます。マルチノズルを用いた一般事務用プリンタでは、比較的高い印字品質が得られます。両方式とも、比較的高価な専用インクが必要となります。特に、高印字品質のバーコードを印字するのであれば専用の光沢紙が必要になります(一般に、ラベルプリンタ用には向きません。)。

電子写真式プリンタ

このプリンタは、一般事務用のコピー機及び複合機のことです。レーザ式が一般的ですが、LED式もあります。このプリンタでバーコードを印字すると、比較的高印字品質のバーコードが印字できます。また、安価な普通紙(PPC:plain paper copier)が使えるメリットがあります。ただし、バーコードラベルの印字では、定着時に高温処理するため、ラベル裏面の糊が溶融する場合があります。

商用印刷

凸版式(フレキソ印刷)、凹版式(クラビア印刷)、平版式(オフセット式)及び孔版式(スクリーン印刷)があり、どの方式でも、高印字品質のバーコードを印字するのには向いていませんが、強いて挙げるとすれば、平版式がバーコード印字に向いているといえます。

布インクリボン

カセットテープ状の綿布又はシルク布に特殊インクを浸み込ませたもので、カセットテープのように往復するもの又はメビウスの輪状になっているものがあります。ドットピーン式プリンタで用います。

フィルムインクリボン

樹脂製の薄いフィルムの片面にカーボントナーを塗布したものであり、ワックスリボン(低い温度でも溶ける)、ワックスレジンリボン(ワックスとレジンとの中間特性)、レジンリボン(樹脂の割合が多いため、耐熱・耐擦過性を必要とする用途向け)の3種類に大別されます。ただし、ワックスとレジンとの混合比を決めている規格はありません。熱転写式プリンタで用います。

受容紙

インク受容層をもった紙、合成紙、フィルムなどをいいます。バーコードの印字には、上質紙、コート紙(上質紙の印字面に、適量の白色顔料を塗布した紙)、合成紙(紙とフィルムの特性を備えた媒体に、適量の白色顔料を塗布したもの。)及びフィルム(樹脂フィルムの表面に適量の白色顔料を塗布したフィルム。)の4種類を用います。4種類の境界を決めている規格はありません。

ラベル

受容紙の裏面に糊を塗布したものをいいます。

バーコード印字品質検証器とは?

バーコード印字品質検証器とは、バーコードリーダがバーコードを読むときの“読み易さの度合いを5段階で測定する”測定器です。一次元シンボル用印字品質検証器及び二次元シンボル用印字品質検証器があります(通常は、1台で両方の機能を備えています。)。
バーコード印字品質検証器に関連する規格類は、次のとおりです。
一次元シンボルの印字品質がJIS X 0520(ISO/IEC 15416、ANSI X3.182)で、二次元シンボル印字品質がJIS X 0526(ISO/IEC 15415)で規定されています。
一次元シンボル用検証器の適合仕様がJIS X 0521-1(ISO/IEC 15426-1)で、二次元シンボル用検証器の適合仕様がISO/IEC 15426-2(JISは作成されていません)で規定されています。
DPM用の印字品質仕様がISO/IEC TR29158で規定されています(現在、TR:technical reportからIS:international standardに変更中です。)。DPM用の印字品質検証器適合仕様は、まだ制定されていません。

なぜ必要?

システムの中でバーコードを“読まない”、“読むまでに時間がかかる”、“誤読した”などの問題が発生すると、システムが停止し、原因調査 ⇒ 処置 ⇒ 再稼働といった一連の作業が必要になります。それらに要するコストは、大きな負担になります。バーコードは、目で見て鮮明に印字(又は印刷)しているようでも、バーコードリーダで読める保証にはなりません。バーコードリーダがシンボルを正しく読むためには、バーコード印字品質が一定以上確保されていることが必要です。また、バーコード印字品質は、印字時点で良好であっても、流通過程で劣化する場合が多々あります。これらのことから、最終的にバーコードリーダで読むときの印字品質が重要になります。
バーコード読取りのトラブルは、“バーコードリーダが悪いのか”又は“バーコードプリンタが悪いのか”で判断がつかない場合があります。そのようなときに役立つのが“バーコード印字品質検証器”です。現物シンボルの印字品質が良好であるときにバーコードリーダが読まない場合は、バーコードリーダ側に問題がある可能性が高くなります(周囲環境、運用環境などで読まないときもあります。)。反対に、現物シンボルの印字品質が悪い場合は、印字側に問題がある可能性が高くなります(流通過程、運用環境などで印字品質が低下する場合もあります)。

ページトップへ
戻る