そもそもスマートクラウスとは?
画像認識システムの支援で作業している人

 
スマートクラウスの導入事例 

  • 画像認識
  • 検査
  • 工程管理
  • 品質管理

安心の作業環境と高級家電_Miele社

ハイエンド家電製品の組立て工程で作業品質の維持向上と作業負荷の低減を実現している事例です。
 

ミーレ社はドイツの家庭用機器メーカーで、日本でもプレミアム家電ブランドとして人気があります。グローバルな製品販売と様々なユーザーニーズに対応するために豊富な製品ラインナップを展開していることから、生産部門では多くの生産パターンや部品の複雑な組み合わせに対応する必要があります。この要求に対して、作業者の負荷を増やすこと無く生産品質を維持向上する目的で画像検査・作業支援システムを導入しました。

 
 

日本語の字幕があります

 
 

スマートクラウスの導入前は、生産品質の維持向上には主に人の力に頼っており、その結果作業担当者に大きな負荷がかかっていました。色分けした治具を利用するなど負担軽減の取り組みを実施しましたが大きな効果を得るには至りませんでした。

 

画像検査システムと作業支援システムの両方の機能を持つスマートクラウスですが、ミーレ社はこのシステムの導入にあたって稼働中の生産ラインの形態をそのまま利用する事ができました。これはスマートクラウスがカメラと照明、ディスプレーが設置できれば良いからです。この特長は皆様の生産ラインにも当てはまると思います。

 

作業結果は画像認識され指示内容との比較により正誤が自動で判定されます。たとえ複雑な作業工程でも自分が行った作業が正しかったのか否かを直ぐに知ることができます。これにより作業者は安心して作業を進める事ができます。そのため作業者には心理的な負担がかからなくなります。

 

人手不足対策でロボットの導入は有効な方法ですが、こちらのミーレ社のように作業負担を軽減することで人間の力を活用するという方法もまた有効な方法です。